地方の未来は明るい!だって、私たちが元気にするから~鳥取発~ITで、地方創生
PICK UP









McIntosh - MC152の主な特徴

  • ・現行モデルの中では、最もコンパクトなステレオパワー アンプリファイアーで、設置場所の選択肢が大幅に広がります。
  • ・高さ6インチ(約15cm)の筐体デザインにより、ラック内へも問題なく設置できます。
  • ・定格出力ステレオ150W+150w / 2, 4, 8Ω。
  • ・ThermalTrak出力トランジスターを採用し低歪みと迅速で精密な温度調節を実現しています。
  • ・マッキントッシュ伝統の出力トランス”オートフォーマー”は、2Ω、4Ω、8Ωのいずれのスピーカーと接続しても、理想的なインピーダンスマッチングを実現します。
  • ・特許のマッキントッシュ パワーガード回路はアンプのオーバードライブを防止し、スピーカーを破する強烈な歪み音を含むクリッピング出力を防ぎます。
  • ・マッキントッシュのセントリーモニターパワー出力段保護回路により、本機は長期にわたり、故障なく使用できます。またビルトイン サーマル プロテクション回路はオーバーヒートを防ぎます。
  • ・マッキントッシュ伝統の漆黒ガラスフロントパネルおよび鏡面仕上げのステンレス・スティール・シャーシは、簡単なお手入れでいつまでも新品同様の輝きを保ち続けます。
  • ・オートパワーオフ機能搭載(入力にオーディオ入力信号がなくなると、約30分で本機の電源が自動的にOFFになる機能です)。
  • ・伝統のバックライト付きパワーメーターは、出力のピークに応答してアンプの出力を表示します。

本文については、メーカー・輸入代理店サイトより抜粋し、編集しています。

McIntosh - MC152の主な仕様

定格出力ステレオ 150W + 150W(2 /4 /8Ω)
出力インピーダンス2Ω、4Ω、8Ω
定格周波数帯域20Hz~20,000Hz
全高調波歪率0.005%
ダイナミック・ヘッドルーム2dB
周波数レスポンス20Hz~20,000Hz (-0.25dB、+0dB)
10Hz~100,000Hz (-3.0dB、+0dB)
入力感度バランス2.4V、アンバランス1.2V
S/N比バランス:95dB(定格出力時)
アンバランス:93dB(定格出力時)
混変調歪率0.005%
ワイドバンド・ダンピングファクター40以上
入力インピーダンスバランス 22kΩ
アンバランス 22kΩ
電圧ゲイン29dB(8Ω)
26dB(4Ω)
23dB(2Ω)
パワーガード最大14dBのオーバードライブ(1,000Hz)で2%THD以下
消費電力動作時 440W
スタンバイ 0.3W以下
最大外形寸法W445×H152×D481 mm(突起物含む)
質量34.0kg

【お買得!】 McIntosh MC152(ステレオパワーアンプ) --パワーアンプ

はたらく仲間の声 ELECOM エレコム ESC-ITE01NU 耳あな型集音器 ベージュ ESCITE01NU

Vol.2 竹内 好恵

【お買得!】 McIntosh MC152(ステレオパワーアンプ) --パワーアンプ

らしく研究レポート

【リモートワーク編】Vol.3

【お買得!】 McIntosh MC152(ステレオパワーアンプ) --パワーアンプ

はたらく仲間の声 【中古】【B】 (オリンパス) OLYMPUS ZUIKO 35/2.8【中古レンズ MFレンズ】 ランク:B

ディスペンセッテIII(分注器)4700-361

【お買得!】 McIntosh MC152(ステレオパワーアンプ) --パワーアンプ

らしく研究レポート